うなじ ニキビ

 

女性にとって魅力のシンボルとも言える
うなじ。ここにニキビができると少々厄介です。

 

 

大人ニキビの中でも首やうなじのニキビは代表的なもので
首のリンパから近い部位だけに
女性は特にホルモンバランスの変化が現れます。

 

 

また、髪の毛の生え際の境目にも近いところですから、
皮脂やシャンプー、コンディショナーなどの落とし残りがたまりやすく
そこから発生したバイ菌が皮脂腺に侵入するともいわれています。

 

 

襟の高い衣服やマフラーを巻いた時なども首からうなじ周りは蒸れ
と摩擦が生じますし、寝ているあいだも常に圧迫されてしまいます。
髪の長い方は特に注意してくださいね。

 

 

症状としてはチクチクする軽い痛みを覚え、
触ってみるとブツブツができていた…、というように後から
気づく事が多いので、もし気がついたらできるだけ清潔にして
早めのケアをおこなうようにしてください。

 

                   >>うなじケアを探すなら

 

うなじニキビは悪化してしまうと大変な事に…

 

うなじのニキビは放置して悪化するとケロイド状の大きな塊になったり、
色素沈着をおこしてシミとなるケースが多いのが厄介です。

 

 

顔と違って皮脂腺の量が少ない為に、毛穴も開きにくく、
新陳他代謝がスムーズに行きません。

 

 

そのため顔などに使うニキビケアローションでは思うように
液が浸透しないので、治療や予防には
専用のケア商品が必要となります。

 

 

また、うなじや首はデリケートな部分ですから日頃のストレスが
溜まったときや生理などのホルモンバランスの乱れなど
体内の要因の影響を特に受けることになります。

 

 

うなじのニキビができやすい方は男性ホルモンと同じ
黄体ホルモンが生理やストレスが多い時に多量に分泌され、
皮脂の量も増加しすることが原因です。

 

 

生理のたびにうなじのニキビに悩まされる生活なんて、
女性にはそれこそストレスとなってしまうのではないでしょうか?

 

 

しかし、ホルモンバランスの変化は自然現象です。
わたしたちにできるのはその影響をできるだけ軽減してあげるために
肌の健康を補っていく以外はありません。

 

 

うなじは常に清潔に、そして潤いをたっぷり補給

 

では具体的にどうやって予防・改善していけば良いかというと、
基本的には常に清潔を心がける事です。

 

 

そして、皮脂腺が少ない皮膚でもしっかり潤いを届ける事のできる
専用の美容液を使い、お風呂上がりなどに丁寧にケアしてあげましょう。

 

 

肌自体が持つバリア機能を高め、
肌質を改善してあげることがキレイなうなじを保つ秘訣なのです。